発明発掘・特許キャラバン

Dig up invention / Patent caravan
つむぎ国際特許事務所では、事業部門や研究開発部門に対する「発明発掘キャラバン」のご相談をお受けしております。 この「発明発掘キャラバン」では、貴社の知財担当の方と一緒に、定期・不定期に事業部門や、開発現場を訪問して、発明の発掘と特許取得等に向けた調査等を行ないます。

① 発明発掘キャラバン

特許となる発明は、現場の技術者の方では見過ごしてしまう事が多くあります。 それは、現場では日々開発や納期といった日々の業務に追われており、ちょっとした工夫や、お客様からの要求仕様に基づいて行なった工夫でも、見方を変えれば特許にできる発明に該当する場合があります。
弊所では下記のような発明発掘・特許キャラバンを行なっております。

<発明発掘キャラバンの流れ>

  • ステップ1 発明者・開発者の方とのミーティング

    実際に開発の現場に訪問して、お話しを伺いします。

    【当事務所のこだわり!】
    現場で実際の装置や図面を見て発明を発掘する。
    発明者のポンチ絵(手書きの絵)や特許のために作った資料だけでは、発明者の方の「フィルター」が入ってしまい、隠れた特許のポイントを見逃してしまがちです。実際の装置や図面などに基づいて、発明者が気付かない客観的なプロの目線で発明発掘を行ないます。
  • ステップ2 発明項目洗い出しと先行調査

    発掘した発明のポイントを箇条書きでピックアップし、貴社の知財戦略に合致した項目にまとめたり、項目を絞ります。これにより、余計な特許出願を抑え、また1件の特許で効果的な特許取得を目指します。そのうえで、簡単な先行調査を行い、特許の可能性を判定します。
  • ステップ3 発明提案書作成と必要な資料収集

    先行調査結果をもとに、特許取得のポイントを提案します。また特許明細書作成に必要な資料のお願いもします。あわせて、発明者の方にも発明提案書が書けるようにアドバイスを行ないます。

    【当事務所のこだわり!】
    発明提案書は簡単な内容でもよいので、発明者の方に記載していただきます。
    これにより、発明者の方が「特許の考え方」を学んでいただける良い機会になり、次の発明にも通じるようになると考えています。
  • ステップ4 特許明細書の作成と出願

    弊所で特許明細書を作成し、その内容のチェックを行なっていただきます。チェックでは、実施形態に漏れが無いか、また特許請求の範囲が適切かについて、貴社の知財担当者、発明者を交えてディスカッションして、特許を作り上げていきます。

<事例紹介>

・株式会社キズナジャパン様
 インターネット勤怠管理システム
  • ステップ1

    発明者の社長様のヒヤリング、いただいた仕様書等の内容に基づいて発明を複数抽出
  • ステップ2

    先行調査と特許可能性の検討
    先行調査のうえ、出願する発明と特定
  • ステップ3

    いただいた仕様書に基づいて特許出願
    明細書が出来上がった時点で、権利範囲のヒアリング

詳しいことは下記からお問い合わせください。
貴社のご要望にあわせたご提案をさせていただきます。

セミナー情報

Seminar

メルマガ

E-mail magazine
▾ メールアドレスを記入してください


登録 解除

アクセス

Access

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町10-4
モドマルシェ渋谷桜丘4F
TEL:03-5489-4460

ご相談窓口

Contact Us

よくある質問

FAQ
Page Top
© Copyright TSUMUGI IP LAW FIRM. all rights reserved.