知財ロジスティックスサービス

IP Logistics service

確かな情報で知的財産の「戦略」を描き
最適な「戦術」を考え、実行のための「ロジスティックス(兵站)」を整える

知的財産権はコンペティター(競合相手)との競争であり「戦闘」です。
「戦闘」を行うには状況分析から「戦略」を組み、状況に応じた様々な「戦術(訴訟、ライセンス、オープン戦略など)」を実行する必要があり、そのためには日ごろから「ロジスティックス(「兵站」となる特許権、意匠権、営業秘密など)」を整える必要があります。 本サービスは、企業知財部が「戦略」を組むにあたって必要な「戦術」を考え、それに必要な「ロジスティックス(兵站)」を整え・管理するサービス、これが「知財ロジスティックスサービス」です。

<知財ロジスティックスサービスの流れ>

  • ステップ1 貴社技術分野の知的財産権に関する「ランドスケープ」を明らかにする。

    特許情報の調査、学術文献の調査など、様々な情報から技術分野ごとに競合会社を選定し、競合会社との対照により、貴社がおかれている「現状」と、「将来の課題・問題点」を明らかにします。
  • ステップ2 知的財産に関する「戦略」を策定する。

    「ランドスケープ」から、貴社の戦略を策定します。「戦略」の策定にあたっては、貴社の事業戦略との関係からアドバイスを行います。また、米国、中国などの海外の専門家を交えての戦略策定へのアドバイスも行います。
  • ステップ3 戦略に必要な「戦術」を検討する。

    「戦略」が決まったら、それに合った「戦術」を決定します。「戦術」には特許、意匠、商標などの権利化だけでなく、情報の秘匿化、著作権確保など、その事業や商品に合った「戦術」を検討していきます。
  • ステップ4 「戦術」を実行するための「ロジスティックス(兵站)」を整える。

    「戦術」を実行するための「ロジスティックス(兵站)」を整えていきます。具体的には、特許権、実用新案権、意匠権、商標権だけでなく、秘密化のための先使用権確保や、著作権確保なども整備していきます。
    また、必要な情報は戦略的に公開します。これにより、権利化偏重にならず、適切なコストで、効果的な「戦術」を実行できるようにします。
    また権利化だけでなく自社の権利状況を把握し、いつでも「戦闘」が行えるよう、特許管理サービス、タイムスタンプ管理サービスも提供し、自社内の知財情報管理も行っていきます。
  • ステップ5 PDCAチェック

    Plan (計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)サイクルを回すことで、継続的な「知財戦略」の実行・修正と「ロジスティックス(兵站)」の整備を行い、知的財産に関する適正なコスト管理をサポートします。

特徴1

ランドスケープの作成には、日本だけでなく、アメリカ、中国などの特許情報を活用
これらのデータと、専門弁護士・弁理士の分析により貴社の注目成長分野の未来図を描き、その戦略を提案します。また、ベンチャー企業や中小企業でも、そのコストに合わせた範囲で知財のランドスケープの作成を行います。

特徴2

出願だけでなく、タイムスタンプを活用した秘匿化や、中国での防衛的公開など、貴社の技術分野や貴社のコストに合った最適な「戦術」と「ロジスティックス(兵站)」の整備の提案を行います。

特徴3

特許権管理や営業秘密情報管理など知財情報管理業務も大手ベンダーの特許管理システムを使ってしっかりサポートします。
大企業だけでなく、ベンチャー企業・中小企業に対してもしっかりサポートを行います。

弊所の各専門弁理士、米国弁護士などの専門家と協力して、
貴社の知財戦略の実行を強力にサポート


詳しいことは下記からお問い合わせください。
貴社のご要望にあわせたご提案をさせていただきます。

セミナー情報

Seminar

アクセス

Access

〒102-0083
東京都千代田区麹町3丁目5-2
BUREX麹町404
TEL:03-6272-8330

ご相談窓口

Contact Us

よくある質問

FAQ
Page Top
© Copyright TSUMUGI IP LAW FIRM. all rights reserved.