米国101条違反に対する効果的な対応策セミナー

▼セミナースケジュール

セミナー概要

Seminar Overview
最高裁判所の判例、Alice 及びMayoが下された後、特許適格性においての101条の拒絶が頻繁にされています。しかし、これら101条の拒絶の中には、審査官が米国特許庁の審査基準(MPEP)や、CAFC等の判例を理解していないケースがあります。そのため、不必要な権利の限定やRCEを行うなど、効率的な権利取得が行えないケースが多く見受けられます。

本セミナーでは、米国の大手の法律事務所で多くのケースを成功に導いてきたクリス・ミズモト米国弁護士を迎え、最近の状況と米国における判例をもとに、101条違反に対する効果的・実践的な対策についてお話をしていただきます。なお、本セミナーは日本語で行っていただきます。

お申込みフォーム

register
以下にご記入の上、ご送信ください。※カタカナは全角で入力してください。
*印のついている項目は入力必須です。

電話番号またはEメールアドレスのいずれにも記入がない場合には、ご連絡ができないので、必ずご記入ください。

お申込みセミナー名 「米国101条違反に対する効果的な対応策」セミナー
お名前 *
お名前(フリガナ) *
勤務先(所属) *
電話番号 * (半角英数)
メールアドレス * (半角英数)

お申込み確認メールのお送り先となります。正確にご記入ください。

個別相談 個別相談

個別相談希望の方はチェックしてください。

メールマガジン メルマガ「知財メルマガ」

メルマガ希望の方はチェックしてください。

このHPをどのように知りましたか? 検索エンジン  メールマガジン  雑誌等

パテントサロン  IP Force  パンフレット  その他

備考
  

© Copyright TSUMUGI IP LAW FIRM. all rights reserved.