代表プロフィール

Profile

石橋 佳之夫(いしばし よしのぶ)

  • 1944年:長崎県生まれ
  • 1968年:法政大学法学部卒業
  • 1983年:弁理士登録(弁理士登録:8885)特定侵害訴訟代理業務付記登録
  • 1989年:石橋特許事務所を開設(カメラ関連測定器メーカー、中井特許事務所、樺山特許事務所を経て)
  • 2000年:メキキ・クリエイツ(株)設立

粕川 敏夫(かすかわ としお)

  • 1970年:新潟県生まれ
  • 1992年:大学在学中、弁理士試験合格(弁理士登録:10387)
  • 1993年:日本大学法学部法律学科卒 石橋特許事務所入所 弁理士登録
  • 1995年:エヌ・ティ・ティ・データ通信(株)入社、総務部知的財産室 勤務
  • 2000年:東京理科大学工学部電気工学科卒
  • 2001年:粕川特許事務所設立、メキキ・クリエイツ(株)取締役就任
  • 2015年:日本弁理士会副会長就任
  • 現在、日本大学大学院知財研究科講師

最も大事なこと
特許取得が最終ゴールではなく
その先の権利行使と効用を見据えたコンサルティング!


粕川

特許は、特許になるかどうかでみてしまいがちですけど、いかにビジネスに役立つかどうか?その視点で特許を取らないと特許を取っただけで終わってしまう。一個の特許が虎の子みたいな感じに。使える特許を取っていかないといけない。

コンサルティングしているつもりはなくても結果的にコンサルティングすることになるのですね?

粕川

そうなんです。経営者が何をしたいのか、そこから聞かないと、それにあった特許が取れない。

特許を取って、その先、上手く活用して企業展開していきたいが「どこに相談すればいいだろう」という信頼して相談できる事務所というのは何を基準に判断できますか?

石橋

依頼する側からしてみたら、見分けるのは大変だと思います。我々がいかにその情報を開示しているかがポイントになるでしょうね。インターネットを使って特許情報を検索出来る人だったらいいかもしれませんね。ある技術分野を検索して、この事務所は、こういうことをやっているなと。後は事務所ごとのホームページを見るとか。弁理士会では情報を開示しています。弁理士ナビというのがあります。

粕川

大企業では事務所は外注先のひとつなので自分たちのことをしっかり理解してやりたいようにちゃんと書いてくれる、それが一番と考えています。中小企業は特許部がないので、どう使うかを考えてあげないといけない。しっかりコンサルとして特許をどう取っていくかを判断する。極論をいうと取らない方が良いケースもある。特許を取ると中身が全部公開されてしまいますので。取らないで秘密にした方が良い場合もあるのです。

たとえばコーラのレシピなどは取らない方が良いです。取ったら誰でも作れちゃうから。配合だけですから。

やっぱり謎なんですか?

粕川

配合は世界で3人しか知らないとかいわれていますけれど。知的財産といえばそう言えるかもしれません。

多様な色の糸であればそれだけ素晴らしい布に織りあがるように
合併によれば
社会の複雑化高度化にも時代の急流にも対応でき得る


そもそもが、ふたつのものをひとつにというのは、なぜそういう発想になったのでしょうか?それをすることによって、どういう付加価値が生まれるのでしょうか?

石橋

相乗効果。ひとつの事務所では扱う分野に制限があります。合併することによって守備範囲がより広がることもあるし、専門家が増えると、いろいろ議論して視野も広がることもあると思います。

得意分野が増えるということは、つまりは糸の種類が増えるということですね。

粕川

種類が違うものが一緒になれば、世間の多様性に対応できる。

石橋

技術はどんどん複雑化高度化して行きますので、そういう状況に対応していくには相乗効果は大いに期待できます。

合併によって弁理士が増えますが、その強みは?

粕川

弁理士業務30年以上のベテランから、これから挑戦する若手弁理士の活力をつむぎ合わせていくことです。特許の出願の代理業務など、ベースは今までの30年、40年の実績を伸ばしていきながら、プラス新しいことをやっていく。

石橋

若い人にも将来のモチベーションを持ってもらいベテランと呼応して志を伝承していく。これまでの存在価値を維持しながら世代交代も旨く遂行していくというようなことも狙っています。

最後に夢などをひとことづつ。

石橋

弁理士を30年以上やって来て歳も重ねましたが、まだまだお客様や世の中の新しい技術に触れていたいですね。これまでの経験をもって世の中へ貢献することが自分の使命だと思っています。

つむぎ国際特許事務所に対しても、私が志したことに新しい糸がつむがれてゆき、次の世代、そのまた次の世代へと繋がってゆくことを願っています。

粕川

弁理士とは何をすべきなのか?どうやってお客様の役に立てるのか?ということを突き詰めて考えていきたいですね。ひとりではできないので、専門家のネットワークを駆使していろいろな人たちと連携を組みながら、新しいものを作って、世の中に提供していければいいと思います。日本だけじゃなくてグローバルに。

日本の企業には元気になって活躍してもらいたい。そのためのお手伝いが出来ればと願っています。

代表インタビュー

Interview

石橋国際特許事務所と粕川特許商標事務所が手を携えての新たな出発に際し、至る経緯や心底に宿す想いなど代表お二方にお話を伺いました…

セミナー情報

Seminar

開催日程が決まり次第、当ページにて内容の詳細をご案内させていただきます。

メルマガ

E-mail magazine
▾ メールアドレスを記入してください


登録 解除

アクセス

Access

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町10-4
モドマルシェ渋谷桜丘4F
TEL:03-5489-4460

ご相談窓口

Contact Us

よくある質問

FAQ
Page Top
© Copyright TSUMUGI IP LAW FIRM. all rights reserved.