代表プロフィール

Profile

石橋 佳之夫(いしばし よしのぶ)

  • 1944年:長崎県生まれ
  • 1968年:法政大学法学部卒業
  • 1983年:弁理士登録(弁理士登録:8885)特定侵害訴訟代理業務付記登録
  • 1989年:石橋特許事務所を開設(カメラ関連測定器メーカー、中井特許事務所、樺山特許事務所を経て)
  • 2000年:メキキ・クリエイツ(株)設立

粕川 敏夫(かすかわ としお)

  • 1970年:新潟県生まれ
  • 1992年:大学在学中、弁理士試験合格(弁理士登録:10387)
  • 1993年:日本大学法学部法律学科卒 石橋特許事務所入所 弁理士登録
  • 1995年:エヌ・ティ・ティ・データ通信(株)入社、総務部知的財産室 勤務
  • 2000年:東京理科大学工学部電気工学科卒
  • 2001年:粕川特許事務所設立、メキキ・クリエイツ(株)取締役就任
  • 2015年:日本弁理士会副会長就任
  • 現在、日本大学大学院知財研究科講師

国連のような特許に関する組織はありますか?

石橋

似たような制度「PCT国際出願」というものがあります。加盟国は150か国以上あり、国際的に統一された出願様式を用いますので、出願時の煩雑さが解消されます。グローバルな展開を予定しているのであれば有効な制度です。もちろん最終的な権利は国ごとに取らないといけません。

粕川

国ごとに利害がありますので。例えば、遺伝子情報に関しては、日本は遅れているからという理由で出願しない方が良かったり、逆にアメリカは進んでいるから出願しておくとか、ソフトウェァに関しては日本が進んでいるから、アメリカではパッケージにならないと出願しないなど、各国の都合があります。

国によって体質が違うのですか?

粕川

グローバル化はしてきましたね。データクラウドを置いておけば誰でも見られるようになりましたので。

たとえば、中小企業・大企業関係なく、本体は日本にあるけれど、現場は東南アジアにあるとか、そういう企業も一般化してきていていますが、その場合の特許戦略はどのような事が考えられるのでしょうか?

石橋

中国で製造したい場合は中国でも特許を取ります。中国で作ったものをアメリカで売る場合は、アメリカでも特許を取ります。世界でひとつだけ取れば全世界で通用するというようにはなっていませんから。

例えば中国では特許を抑えた案件だとして、アメリカの開発者が中国にたまたま市場調査に行って、良いものを見つけた。調べたらアメリカで特許を取ってない、すぐに模倣して取ったとしたら?

粕川

ありますね、そういうことは。取られてないからここでやろうという輩がいます。

そういうハンターのような人もいるんですか?世界を探しまわって特許が取られてないものを自国に持って帰って特許を取ろうというような。それは訴えようがないんですか?

粕川

昔、日本でもいたんですよ。アメリカへ行ってブランドを見つけて、「これいいな」って、日本で商標権をとって売ってしまうというようなことがあったんです。それで日本は法律を変えました。

たとえばサプリメントを海外に買い付けに行って、ヒットしそうな商品を捜して来て、本国で違う札貼って売っても、特許の問題をくぐり抜けていれば責めを負わない?

粕川

特許を取っていなければ、合法になることがあります。販売されている国で特許をもってないと主張はできません。中小企業には荷が重いです。

グローバル化、多様化に関連してですが「モノとしての商品」ではなく、アイディアそのものに特許性があるという状況が出てくる。そういう時代になっていますね。ある種のビジネスモデルとか。
時代性を視野に入れると、それもカテゴリーに入っていきますが、その辺に関してはどのようにお考えですか?

石橋

IT関係は多いですね。そのような案件はたくさん扱いました。

粕川

そうですね。ある時期石橋先生一下で、メキキクリエイツという会社をやっていたんですよ。そこに私も独立したころ誘われて、一緒にやったんですけれど、そこでは100件以上のビジネスモデルを作って特許を取りました。かなりブレーンストーミングして。10年くらいやりました。

メキキクリエイツは、今の石橋特許事務所の前身ですか?

石橋

いいえ。前身ではなく、事務所経営と同時に行っていました。

メキキクリエイツでは、主にビジネスモデルを扱っていたのですね?

粕川

経営者の方をお呼びして、ブレーンストーミングして、ビジネスモデルを作り、申請して特許を取得する。

石橋

こういうものが欲しいというテーマは持って来てもらいます。例えばリサイクル保証システム。ある一定の条件の下で使ったものは、無料で回収します。それを回収してどうするかというと、パーティクルボードにするんです。そういうものに使うシステムも特許を取りました。

粕川

今では当たり前になっているものでも、「あれ10年くらい前にやったな」というものに出合うことはたびたびありますね。街で出会ったら反応するゲームとかもそうです。

石橋

ただし、純粋なビジネスモデルでは特許は取れませんね。技術を使わないといけません。要するにIT技術ですね。専門家がいないとなかなか難しいです。

代表インタビュー

Interview

石橋国際特許事務所と粕川特許商標事務所が手を携えての新たな出発に際し、至る経緯や心底に宿す想いなど代表お二方にお話を伺いました…

セミナー情報

Seminar

開催日程が決まり次第、当ページにて内容の詳細をご案内させていただきます。

メルマガ

E-mail magazine
▾ メールアドレスを記入してください


登録 解除

アクセス

Access

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町10-4
モドマルシェ渋谷桜丘4F
TEL:03-5489-4460

ご相談窓口

Contact Us

よくある質問

FAQ
Page Top
© Copyright TSUMUGI IP LAW FIRM. all rights reserved.