代表プロフィール

Profile

石橋 佳之夫(いしばし よしのぶ)

  • 1944年:長崎県生まれ
  • 1968年:法政大学法学部卒業
  • 1983年:弁理士登録(弁理士登録:8885)特定侵害訴訟代理業務付記登録
  • 1989年:石橋特許事務所を開設(カメラ関連測定器メーカー、中井特許事務所、樺山特許事務所を経て)
  • 2000年:メキキ・クリエイツ(株)設立

粕川 敏夫(かすかわ としお)

  • 1970年:新潟県生まれ
  • 1992年:大学在学中、弁理士試験合格(弁理士登録:10387)
  • 1993年:日本大学法学部法律学科卒 石橋特許事務所入所 弁理士登録
  • 1995年:エヌ・ティ・ティ・データ通信(株)入社、総務部知的財産室 勤務
  • 2000年:東京理科大学工学部電気工学科卒
  • 2001年:粕川特許事務所設立、メキキ・クリエイツ(株)取締役就任
  • 2015年:日本弁理士会副会長就任
  • 現在、日本大学大学院知財研究科講師

弁理士という仕事
お客様のアイディアを、活字でつむいでデザインする(石橋)
頑張ろうとしている人や企業をサポートする(粕川)


弁理士という仕事はどんなものなのでしょうか?

石橋

一般的に弁理士は、「優れた技術的思想の創作(発明)、斬新なデザイン(意匠)、商品やサービスのマーク(商標)に化体された業務上の信用等を特許権、意匠権、商標権等の形で権利化をするための特許庁への出願手続代理や、それらの権利を取消又は無効とするための審判請求手続・異議申立て手続の代理業務を行うものであるとされています。

特許のことでいうと、発明が対象になります。我々弁理士が、お客様の発明を活字でつむいでデザインした文書を、特許庁へ申請する訳です。

なぜこの仕事を選ばれたのか、経緯を教えてください。

石橋

なりゆきです。工業高校で電気を勉強して、卒業後ある会社に入社しましたが、将来に不安を感じて人生の先達に相談したら、大学に行くのがいいのではないかと勧められました。
その大学が法学部でした。卒業したら、技術も実践的な勉強をしたし大学では法律も勉強した。両方を生かせるものはないのかと考えたら弁理士という仕事があったんです。その時に勤めていた会社に関係する弁理士事務所があって、そこに紹介していただいて特許事務所に入りました。

粕川

私は大学時代に先生が弁理士で、特許の話が面白くて…たとえばロッテの雪見大福について「どうしてアイスクリームが大福みたいに伸びると思うかね」「普通カチカチになるだろう、雪見大福というとロッテしかないだろう」「一体どれくらいの利益をロッテにもたらしているか」と、そういう話をされた。それが面白いなと思ったんです。
もともと技術系にも興味があったのと、普通、法学部だと弁護士になりますけど、弁護士は争いごとをまとめるイメージですが、弁理士はこれから頑張ろうとしている企業や人を応援する仕事だと聞いて、弁理士になろうと。先輩方もいて、良い環境で勉強ができて、それから石橋先生のところでお世話になりました。

おふたりの出会いは、そこから?

石橋

いや、その間にもうひとりいます。弁理士の資格をとるのは大変で、なかなか自分ひとりで勉強をしていても受からない。それで、指導してくれる人がいて、小林博通さん、ふたりの共通の先生です。そこで繋がりました。

最初の共同作業は?

粕川

私が石橋特許事務所に勤めた時です。平成5年からです。先生は元年に独立されていました。

最初の印象はいかがでしたか?

石橋

彼は在学中に資格をとりました。あの時代に在学中に資格をとる人はほとんどいなかった。優秀なんです。僕は当時人材を探していて、小林さんに相談したら、彼を紹介していただきました。ウチで実務の経験をしてもらって、ということです。普通は事務所で実務の勉強をしてから資格をとりますが、彼は即戦力でした。

粕川

新入社員です。

石橋

新卒ですね。ウチみたいな事務所が新卒をとるなんて大変なことなんですよ。

働きぶりは?

石橋

真面目で飲み込みが早かったですね。素直だし。謙虚だし。

新入社員から見て、ボスぶりはいかがでしたか?

粕川

真面目な方で、弁理士としては職人のような。安定した感じ。私が最初書けないので丁寧に教えていただき、赤ペンを入れて、一から教えていただきました。当時は奥様と甥っ子さんの少人数でアットホームな感じでした。お客さんのところにも連れて行っていただき良い経験が出来ました。

繭から繊維を引きだしよりをかけて糸にする
特許の芽を探り当て引き出して、やがて企業戦略の布を織る
弁理士の仕事はまさに「つむぎ」なんです…


つむぎという命名の由来は?

石橋

ふたつの事務所が一緒になる場合、トップの名前を併記する場合もありますが、事業を長く続ける場合には抽象的な名称にした方が良いだろうと。どういう名称が良いかみんなで考え、スタッフにいろいろと出してもらって、その中で女性の弁理士から出たのが「つむぎ」でした。検討した結果、つむぎの意味には「糸を紡ぐ」「言葉をつむぐ」「別々のものを組み合わせる」というようなイメージがあります。

粕川

つむぐというのはもともとは繭玉の端緒(たんしょ)を錘(つむ)にかけて繊維を引き出し、縒(より)をかけて糸にするということです。比喩的には言葉をつなげて文章を作るとか物語や詩歌などを作ることを言ったり、人の縁をつなぎ合わせることを意味したりします。
我々の仕事も一見、新たな発想ではないような物も端緒を探り出しピックアップして糸として、つむいでいく。それこそが我々の事業として目指すところです。

ほっとけばただの蚕ですよね。糸を引っ張り出してよって糸になる。最終的には縦と横の糸で織りなして布になる。お仕事そのものを表している感じですね。私どもの事務所はベテランから中堅、若手までいますので、それをつなぎ合わせるという意味もあります。

弁理士さんが行なう知財コンサルティングについてですが、どういった仕事内容ですか?

石橋

従来、弁理士の仕事は代理業でした。代理業とは、お客様の発明等を我々が書面にして特許庁へ出願するといったサービスです。
しかし近年では、それだけでは産業界の要望に応えることが十分にできなくなってきています。経営にまで影響を与える、経営を手助けする活動まで求められるようになってきました。コンサルティングまで関わらないと世の中の期待に応えられなくなった。

粕川

特許とか新しいものを作った人には夢があると思います。ところが今は非常に情報や物が溢れていて、そういう中で、今までは特許を正確に取ることだけを求められていましたが、それだけではなく取った後どのようにその夢につなげていくかが我々の本来のやらなくてはいけないことではないかと思うのです。それに向けて事業を発展させることのできる本当のパートナーですね。

代表インタビュー

Interview

石橋国際特許事務所と粕川特許商標事務所が手を携えての新たな出発に際し、至る経緯や心底に宿す想いなど代表お二方にお話を伺いました…

セミナー情報

Seminar

メルマガ

E-mail magazine
▾ メールアドレスを記入してください


登録 解除

アクセス

Access

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町10-4
モドマルシェ渋谷桜丘4F
TEL:03-5489-4460

ご相談窓口

Contact Us

よくある質問

FAQ
Page Top
© Copyright TSUMUGI IP LAW FIRM. all rights reserved.